人気ブログランキング |
ブログトップ

岐阜県 門塀・庭・車庫 エクステリア専門店アーステック 

しがないイチ従業員が日々の出来事やいろいろを我がままに綴っています。


by earth-tech
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

三協アルミ カムフィエース MY合掌

三協アルミ カムフィエース MY合掌_e0361655_15550759.jpg
むかしむかし
カーポートの柱の高さは
梁の根元から地面までが
1.8mか1.9mでした。
ある日、YKKが標準高さを
2.2mに替えました。
その頃巷では標準柱を付けることが
ほとんどなくなっていました。

この後、LIXIL、三協アルミと続き、
今では標準柱で2.2m〜2.3が普通になり、
ロング柱はさらに長い2.5mになったとさ。

建築物における背の高さは見栄えの上で
かなり重要な要素となります。

高さの違う2階建ての家が」並んで立っている場合、
背の高い家の方がいろいろよく見えます。
太陽光発電全盛期の時は片側勾配の家が多く
寄棟・切妻よりも背の高いおうちばかりでした。

同じようなことがカーポートにもあって、
昔のロング柱と今のロング柱では
上記の通り、背の高さが違います。
同じような形のカーポートが隣同士で
並んでしまうと、確実に背の高い方が
見栄えします。

ただ、欠点が・・・
雨のための屋根のはずが、背が高いことで
かなり降込むのです。
傘をさす時にラオウの最期の如く
腕を上げてみれば、いかに雨の当たる事か

今、機能性と外観の狭間で揺れています。

しかしながら、確実に背を高くするほうが
いい場合の一つが、今回の現場のように
玄関の正面にカーポートを建てる場合です。
カーポートの下を通って玄関へ・・・
玄関を開けた時、
カーポートの屋根が、梁が目の前に迫る・・・
玄関先の空間を狭くしてしまうよりは
少しでも広く感じるようにした方が◎。

その場、その場の一番良い選択は何か?
間違わぬようしっかりお伝えしなければ
という使命感。
これからもがんばろうと思います。
三協アルミ カムフィエース MY合掌_e0361655_16190056.jpg




キャンペーンはあと1週間!!


三協アルミ カムフィエース MY合掌_e0361655_14355721.jpg

詳細はこちら

  ↓↓↓

https://earthtech.exblog.jp/29104138/


お待ちしております。



トラックバックURL : https://earthtech.exblog.jp/tb/29109957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by earth-tech | 2020-07-25 16:20 | 現場のアレコレ | Trackback | Comments(0)