人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

岐阜県 門塀・庭・車庫 エクステリア専門店アーステック 

しがないイチ従業員が日々の出来事やいろいろを我がままに綴っています。


by earth-tech

フェンスのレシピ


フェンスのレシピ_e0361655_07135116.jpg

フェンスどうします?
ということで今回はフェンスのお話

まず、ざっくり2つに分けると

●連続フェンス
フェンスのレシピ_e0361655_07195057.jpg


●デザインフェンス
フェンスのレシピ_e0361655_07204495.jpg


連続フェンスは境界の仕切り
デザインフェンスは単独使用で
演出・アクセントなど

連続フェンスを
ザックリ2つに分けると

『 目隠し 』
  『 それ以外 』

目隠しじゃない連続フェンスで
価格の安さを求めるなら
フェンスのレシピ_e0361655_07265381.jpeg
LIXIL ハイサモア

フェンスのレシピ_e0361655_07275612.jpeg
LIXIL アルメッシュフェンス1型


フェンスのレシピ_e0361655_07332428.jpg
LIXILハイグリッドフェンスUF8型


目隠しというスキルが必要ないので
高さも80㎝が定番となります。
ハイサモアとアルメッシュフェンスは
アルミ製

ハイグリッドフェンスは
スチール製

本体1枚(およそ2m)が
1万円未満の価格帯です。
(気になる方はお問い合わせください)
境界ぐるりにフェンスとなると
数十メートルあるわけですから
単価の安さは重要です。

さて、目隠しフェンスのお話

いまダントツに人気なのが
フェンスのレシピ_e0361655_07502365.jpg
LIXILフェンスAB YS3型
幅広の横格子
価格の安いアルミ色も大人気
フェンスのレシピ_e0361655_07561525.jpg
フェンスのレシピ_e0361655_07562686.jpg

でアルミ色でよければ
フェンスのレシピ_e0361655_08023579.jpg
三協アルミ レジリアYK3型
LIXILと三協アルミで何が違うかというと
真ん中の縦残のあるなし
フェンスのレシピ_e0361655_08050282.jpeg

本体1枚の横幅2mで
その真ん中に縦残があるので
1ⅿごとに縦残が入ることになります。
これに対してレジリアは縦残を
内側に配置してあるので
フェンスの表面がきれいです。
フェンスのレシピ_e0361655_08114501.jpg

木調色がお好みなら
LIXIL フェンスAB YS3型 一択です。
YS3型はパネルの両面が木調なのですが、
他メーカーは片面のみ木調で
裏面は木調ではありません。
そして何より価格が安い!

各メーカーの違いを理解しながら
機種を選ぶと失敗しません。
専門家におまかせください。

目隠しフェンスで重要なのは
高さ です。
目隠し ですから、当然
目の高さ
を考慮する必要があります。
140㎝~170㎝程度が一般的な
目線の高さとなりますので
フェンスのレシピ_e0361655_08205800.jpg

フェンスのレシピ_e0361655_08225292.jpg
グローベン プラドONE
フェンスのレシピ_e0361655_08262503.jpg

アルミじゃない樹脂パネルも
大好評です。
H1800程度であれば、アルミ製よりも
価格を抑えることができます。
メタル調もあります。
フェンスのレシピ_e0361655_08310645.jpg

フェンスのレシピ_e0361655_08321282.jpg






フェンスのいろいろなお話
まだまだもっともっとあります。

ぜひご相談ください。
フェンスのレシピ_e0361655_08350525.jpg



ブログテーマ:我が家のガーデニング・家庭菜園
名前
URL
削除用パスワード
by earth-tech | 2023-10-05 18:01 | エクステリアのアレコレ | Comments(0)